おっさんに誘拐されて 

2013, 04. 26 (Fri) 20:09


当時を思い出して、切ない表情を見せる苦労人のモル作さん


強制的に引っ越しさせられたモル作さんは、自身を翻弄するモルモットの運命の儚さを嘆きましたが、暫くすると、少し落ち着きを取り戻しました。

さて、この新しい住処は、これまでの住居とは環境が色々と異なります。
まず、自身が拉致された時に放り込まれた段ボールがそのまま入ってます。
段ボールには、彼のおしっこが染み付いた新聞紙が貼り付いてます。
これが中々臭いので、モル作さんは段ボールの外に出てみました。

今度は、別の異臭が鼻をつきました。
これは捕食動物、それもかなり不潔な生き物の匂いです。
モル作さんは、臭気がやって来た上方を見上げました。

視線の先には、巨大な中年男がこちらを見下ろしていました。
しかも、ニタニタと嫌らしい笑みを浮かべています。
これが、実に気持ち悪い。
モル作さんは、心底ゾッとしました。
パニックに陥り、よたよたと段ボールハウスに逃げ込みます。

あのおっさんは、一体何なんだろう。
思考するモル作さん。
殆ど答えは出ませんでしたが、少なくとも、臭くて気色悪い男だという事だけは分かりました。

暫く段ボールハウスで様子を伺っていたモル作さんでしたが、灯りが消えて、おっさんが去った事が分かり、外に出てみました。

地面にはチモシーが敷き詰められていました。
モル作さんは、とりあえず足元のチモシーを食べてみました。
今まで通り、鮮度が悪くて大して美味くもありません。
しかし、モル作さんの身体を流れるギニアピッグの熱い血が、食べる事を止めさせません。

ポリポリポリポリポリポリ…

一頻りチモシーを食べ終えると、眠くなったので、段ボールハウスに帰宅して、暫く眠りました。

ボト、ボトボトッ…

突然、空から何か降って来ました。
これは、隕石に違いないと思ったモル作さんでしたが、目を凝らすと、見覚えのある塊が転がっており、甘い匂いを漂わせています。
それは当時、モル作さんが知る中では唯一まともな味のする食べ物、人参でした。

ポリポリポリポリポリポリ…

モル作さんが一心不乱に人参を食べていると、上方から巨大な手がニュッと伸びて来ました。
おっさんの手でした。
何やら陶器のような物を握っているようです。
この陶器には、常日頃、食べ飽きてうんざりしていたニッパイのモルモットフードが山盛りに積まれていました。

これには、ギニアピッグの熱い血も煮えたぎらず、さすがのモル作さんも食が進みませんでした。

ポリ…ポリ…

- 完 -
スポンサーサイト

コメント

もものすけ

モル作さんの続き

続きがよみたいです。モル作さんは達者でしょうか?
そして、女子力は、さいだいまで、高められたでしょうか?
気になってしかたありません…

2014/06/16 (Mon) 10:37 | もものすけ | 編集 | 返信

モル作

> もものすけさん

すまんです。
ピアノ以外の話はすっかり放置状態にしちゃって、いま気づきました。

モル作は健在です。
もうすぐ5歳なので、そろそろ身体気をつけないとやばいかもですが。

女子力は、極めました。

2014/12/06 (Sat) 17:52 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント