ヨンキョカキョクメ!!( ;´Д`) 

2018, 05. 20 (Sun) 13:08

スーパーとかコンビニのお菓子って、結構美味くなったと思うけど、なんでシュークリームだけあんなにまずいの?( ;´Д`)
駄菓子の時代から全く進歩を感じないぞ。
パン屋のシュークリームとか、昔から美味いのに。

皮は適当に再生紙とかでも良いから、生クリームとバニラエッセンスと砂糖だけ、もっとたっぷり練り込んでくれないないかな。。


・ショパさん:ワルツ7番

☆安全性:7点
★自己満:80点

ベタすぎ。
むずすぎ。
繊細すぎ。
ショパすぎ。

まぁでも、これは昔から好きな曲なんだ。
特に、ギリギリ音源が残ってるくらい昔のピアニストの、ペダル短めで乾き気味な演奏が好きなんだよね。
乾き気味なのは、演奏がどうこうってより、モノラルだからだとは思うけど、昔のモノラル音源って結構良くない?
俺がじじぃだから?
俺の耳が腐ってるのか?( ;´Д`)

…まぁ良いやそんな事は。。

ショパさんの3拍子曲は、いつも中盤で振り落とされそうになる。
こいつも、真ん中の転調パートで難儀してる。
聴いてる分にはシンプルながらも、思いっきし3声なのね( ;´Д`)
って事は、仕上げの選択肢が一気に増えるのね。
そういえば、プロの演奏でも、主役の声を入れ替えたりとか、かなり個性が出やすい曲だったなこれ。
なるへそ、こういうのがプロのレパートリーになるんだな、と思った。
単純に、売れ筋ってのもあるとは思うけど、それはそれとして。笑

中盤の転調パートで難儀してるとはいえ、曲全体として和音は結構、規則的だ。
といいつつ、和声的に規則的なのかは全然分からないんだけど、ショパさんの曲を何曲か弾いた事あれば、音の選ばれ方のパターンというか発想が一緒なので、頭に入りやすい。
なので、バリエーションの多さにびびったり混乱したりしなければ、演奏の難しさの割には暗譜しやすい部類に入ると思う。

何となく、ショパさんとベトさんの文法なら、理解の取っ掛かりを見つけられるようになってきたぞ。
本当に興味あるのは、バッハ様なんだけど、バロックむずすぎ( ;´Д`)

なお、メインフレーズっぽく、何度も出てくる↓のやつ。


ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↑
ピポポポポポ↑
ピポッポポポ↓
ピポポポポポ↑


スピードを考えるとかなりむずいというか無理だけど、ショパさんの脱力の発想とか合理性がよく分かる造りになってるので、練習メニュー用の曲としてもかなり良いと思うよこれ。

あと、出だしの装飾混じりのフレーズ↓も、人体としての手の構造面に視野を向けて弾くのに適してる。


ピッポーッポー
ピポッポポー
ピポッポポー
ポーッポー
ピポッポポー
ピポッポポー


そういえば、だいぶ前の事だけど、ワルツ10の後半の重音の弾き方を習った時、人体の仕組みに沿った音の配置やルートと、響きの良さが、当たり前のように両立してる事に感銘を受けたのを思い出した。

ショパさん、さすがおピアノのスペシャリストですな( # ´Д`)


そうそう、ベトさんのソナタは、ベトソナとか呼ばれてるよね。

だとすると、ショパン様のワルツは…




略して!!!!!








パンツ( # ´Д`)


- 完 -
スポンサーサイト

コメント

くだダヰナ

ヨンキョキャキョキュ……ゆえないダメっすww

オチwww
ショパさんエルゴノミクスのすごさ、初知りです!へぇ~~!!
しかし、何よりどうしてこんなにも硬軟自由自在な文章を紡ぎ出せるんですか!w モル作さんが凄すぎる!!ww

2018/05/22 (Tue) 00:34 | くだダヰナ | 編集 | 返信

モル作

くださん

ども、最近かなりご無沙汰しちゃってますね( ;´Д`)
一応、諸々落ち着いてきた感じです。

ショパさんの曲を弾くまで、まさか曲の構造と人間工学が結びつくとか想像もできませんでした。
ショパさんは世が世なら、スポーツとかでも成功したかも。
もしくは、ロボット開発とか。

自分自身の文章は、果たして人の頭にどう入るのか、あんまり見当がつかないんです( ;´Д`)
楽しんでもらえてるなら幸いですよ。

2018/05/22 (Tue) 19:41 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント