糞ピアニストの誕生 

2014, 11. 01 (Sat) 01:23

今年の8月半ばの事。

渋谷のビックカメラ店内を徘徊してたら、カシオの電子キーボードを見つけた。
お値段は、1万なんぼ。
え、キーボードってこんな安いの?
しかも、鍵盤光ってるし。

思わず買った。

で、トンプソンのピアノ教本1ってのを買って、弾いてみた。

♫ お ~ い ~ で ~ よ ~ ♫

♫ き ~ み ~ も ~ ♫

♫ ピ~ ア~ ノ~ の~ ♫

♫ く~ に~ へ~ ♫

ズンドコズンドコ…

弾けるじゃん。
全然弾けるじゃん。
何だ、俺ってピアニストだったんだ。。
知らなかったよ( ;´∀`)
知らないまま、もう39歳(注1)だよ。

でも、難点があった。
そのキーボードには、ピアノやらギターやら色んな音源が内蔵されてたけど、俺の素晴らしすぎる鍵盤タッチに対応できないらしく、特にピアノの音色が超ちゃっちぃ。。
しかも、光ナビゲーションとか、いらないし。

なので、翌週、電子ピアノも買った。
お値段は、3万なんぼ。
今の電子ピアノって安いね。
しかも、美しいお音色。。

- 完 -

(注1) 数え直したら、38歳でした。計算が難しすぎて間違えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント