チェンバロ初体験 

2018, 07. 23 (Mon) 01:07

嫁さんのオペラのゲネプロを観賞しに、1年振りに大阪へ行ってきた。


大阪、めっちゃ暑いね( ;´Д`)
東京も暑いけど大阪はカラハリ砂漠並の気温じゃないか。
リゾート地ならまだしも、都市部でこの気温はやばいね( ;´Д`)
とはいえ、不快さって点では、東京よりだいぶマシかも。


嫁さんの宿泊先のオーナーさんは、結構な趣味人っぽく、随分とまぁ洗練された飾りつけ( #´Д`)






お部屋も快適だ( #´Д`)


あ~涼しい~( ;;;´Д`)


ああ~涼しい~( ;;´Д`)


あああ~涼しい~( ;´Д`)


よめ「じゃ、チェンバロ弾きに行く?」

おれ「涼しい~イグ~( ´Д`)」

よめ「うん、じゃ、行こっか」

おれ「すずs…え、あ、うん…何だっけ?( ;´Д`)」


オーナーさんはチェンバロを持ってて、それを好きに弾いて良いらしいと聞いてた。
めっちゃ楽しみにしてたんだ( =´ ∀`)

下に降りて、オーナーさんのお母様にご挨拶。
何と94歳。
じぃちゃんと同世代の人と久しぶりに会った。

オーナーさんは今、スタインウェイのおピアノを物色しに出掛けてる、との事。
状態が良ければ買ってくるつもりらしい。

ほほぅ~( ´Д`)

…え、スタインウェイのおピアノを物色?( ;´Д`)
状態が良いスタインウェイのおピアノを買ってくる?( ;´Д`)

スタインウェイのおピアノって、確かサラリーマン100人分くらいの値打ちがあったような記憶が…あ、それじゃマイナスになっちゃう( ;´Д`)


そして、いつの間にか視界で佇んでるチェンバロ様。



うぉぉおおすげー!!( ;´Д`)

何だこりゃー!!( ;´Д`)

チェンバロ様だー!!( ;´Д`)

古楽器様だー!!( ;´Д`)


俺が悶絶してたら、嫁さんが切り出した。


こちらの
チェンバロ
弾いて良いですか?

どうぞどうぞ
お好きなだけ
弾いてくださいな


え、マジで良いの?( ;´Д`)
こんな高そうなもん弾いて良いの?
ってか、触って大丈夫なのかこれ?( ;´Д`)
俺が持ち主だったら、二酸化炭素吹きかけられただけで訴訟起こしそうな佇まいだぞ。


…とか考えてる間に触り始めるお嫁様。笑



繊細そうな弦。博物館にあるような工芸品みたいだ。


綺麗だなこれ~。




…弾いちゃお~っと( =´ ∀`)


鍵盤。


びっくりするくらい軽い。
キーボードみたいな軽さだけど、ちゃんとアクション?の感触がある。
ピアノみたいに弾いたら速攻で弾け飛びそうだ。

調律とか特別なメンテはずっとしてないらしい。
嫁さん曰く、ただでさえ低くなってた音程が、真夏の湿気で更に下がってる、と。

実際、弾いてみると、かなり音程が低くて、曲によってはミスタッチしてるのかしてないのかよく分からなくなったりした。笑

純正律とかではなく、平均律だけど調律がめっちゃ狂ってるらしい。
あと、音が出づらい鍵盤もちらほら。

そんなコンディションでも、弾き心地はかなり良かった。
木の鍵盤って感触良いね。
音も、アコースティックギターみたいで心が癒された。


もちろん、録音した。
こんな機会、そうそうないからね( =´ ∀`)

最近の練習不足が災いして、しっかりしたレパートリーがあんまなかったんだけど、チェンバロの面白さは伝わるんじゃなかろうか。
https://youtu.be/eSanrIH9qGk

嫁はんとおばぁちゃんの会話がほのぼのしてる。笑
そういえばおばぁちゃん、留学してた時にふじこヘミングさんが経営するアパートに住んでたとか言ってた。
音楽界って、こんな感じで繋がりが広いんだなぁ、と思った。


そうそう、複数のピアノ先生ブログで、チェンバロはピアノと違って強弱がないから云々…って言い切ってるのを読んだ事あるけど、チェンバロにも色々種類があるのかな?
タッチで音が全く変化しないチェンバロ、少し変化するチェンバロ、みたいに。
ここのチェンバロは普通に強弱ついたよ。
もちろん幅は狭いけど、楽器の素養がない人が聴いてもメリハリを感じられると思われる程度には。


翌日、オーナーさんがいたので挨拶した。
で、チェンバロ弾かせてもろたお礼を言ったら、次来たらスタインウェイ弾けるよ、との事。
曰く、状態が良かったから買う事にしたらしい。
それはそれで素晴らしいけど、チェンバロも手離さないで置いといてくれると嬉しいなぁ。。


そういえば、チェンバロの脇にインベンションの楽譜が置いてあった。笑
それを見て、バッハ様からすっかり遠ざかってる事に気づいて、東京に帰ったら13番再開しようと思った( ;´Д`)


- 完 -
スポンサーサイト



コメント

クレモナ親父

いきなりチェンバロ弾きこなしてるじゃないですか(笑)
人前でこれだけ弾ければ文句ないですよ!
確かに音は狂ってますが、奏者の責任ではないですね。
バイオリンとは違って。

2018/07/23 (Mon) 01:18 | クレモナ親父 | 編集 | 返信

モル作

クレモナさん

弾いててかなり楽しかったので、普段の家での演奏と似たような感じだった気がします。
もしかしたら、こういうシチュエーションだと、絶対音感ある人は戸惑うかも、と思いました。

まさかチェンバロを自由に弾けるチャンスが来るなんて思いませんでした。
一生忘れない思い出になりました。
さすがに本文には恥ずかしくて書けませんが、弥恵子先生、リアル幸運の女神です。笑

2018/07/23 (Mon) 02:03 | モル作 | 編集 | 返信

マミ

チェンバロ!!!
いいなぁ~~
とっても貴重な機会でしたね~(*´ω`)

動画、ありがとうございます♪

それにしても、
スタインウェイ、状態が良ければ買ってくる、
って、す、すごい・・・(゚д゚)!
衝撃ですね・・・( ̄▽ ̄)
うらやまし~~

2018/07/23 (Mon) 06:11 | マミ | 編集 | 返信

tomomi

チェンバロを弾くチャンスがあるなんて!!本当に素敵なご縁ですね~^^
チェンバロで練習するとバッハが上手になりそうです。
そして一通り聞いたあとに俺はお蕎麦アレルギーの動画を見てめっちゃ笑いましたw

2018/07/23 (Mon) 13:30 | tomomi | 編集 | 返信

モル作

マミさん

もう一生弾く機会ないかも、と思ったので、覚えてる曲を全部吐き出しました。笑

ド下手動画なので、ちょっと恥ずかしくもあります( # ´Д`)

スタインウェイの話は、かなりの格差を感じました。笑
住宅とかなら分かりますが、趣味に使えるようなお金ですからね。
余ったお金でスタインウェイか!!みたいな。
まぁスタインウェイのグランドは、資産価値もありそうですが…凄い世界だ( ;´Д`)

2018/07/23 (Mon) 20:02 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

tomomiさん

そういえば、電子ピアノのチェンバロ音源やパイプオルガン音源で、インベンションを練習した事がありました。
その時は途中から、もっと変な音源で遊び始めたりして長続きしませんでした( ;´Д`)

チェンバロは、鍵盤がめっちゃ手作りっぽくて新鮮でした。
ピアノは、かなりガッチリ頑丈に作られてるんだなぁ、と思いました。

動くお蕎麦の動画ですね。笑
確か、動きに感動して撮ったんです。
上野の不忍口とか京成の出口あたりのお店でした。

2018/07/23 (Mon) 20:03 | モル作 | 編集 | 返信

Nekoushi

こんにちは。
コメントは初めましてでしょうか・・・?

チェンバロ、いいですね♪♪
優雅で繊細な音色がとても好きです。
私も2,3回弾いたことあります。
バッハ弾くならチェンバロに限る!チェンバロ欲しい!!と思っているのですが、もちろん、思うだけです(笑)

動画も見させていただきました。
チェンバロで弾くと、結構どんな曲でも違和感なくバロックに聞こえて、楽しかったです。

2018/07/24 (Tue) 17:08 | Nekoushi | 編集 | 返信

モル作

Nekoushiさん

ども。直接コメントを交わすのはたぶん初めましてですね。笑

Nekoushiさんもチェンバロ弾かれた事あるんですね。
しかも、何度も!!良いなぁ( ;´Д`)

確かに何を弾いても、それっぽく聴こえました。笑
そのうち、フォルテピアノも弾いてみたいなぁ、と思ってます。
パイプオルガンも弾いてみたいですが、さすがに不法侵入でもしないと叶わなそう( ;´Д`)

チェンバロ弾いたら、バッハ熱が再燃しました。笑
インベンション2番は激ムズだったので、ひとまず13番で鍛え直そうと思います。

2018/07/24 (Tue) 19:39 | モル作 | 編集 | 返信

ゆきなぎ

この独特の味と哀愁!そして奥行き。
いいチェンバロですね。
うちのデジピの内臓チェンバロよりずっとずっといい音です!
こんなんでインベンション13弾けたら最高だろうなあ。
とりわけ低音域が好みで、ブルグのバラードや、アラベスクの左手部分までが魅力的に聴こえました。

2018/07/25 (Wed) 10:57 | ゆきなぎ | 編集 | 返信

やぢま

動画視聴しました。手当たり次第弾いてますね。
ラ・カンパネラが出てきた時は「ど、どうなるの?」と思いました。

古楽器、気に入ったのなら買っちゃいましょう。
http://www.coastaltrading.biz/
意外と手の届くお値段でしょ。
スタインウェイのグランドよりずっとお求めやすいですよ~。(^^)

私はここのお店のクラヴィコードが気になってます。
老後の楽しみかなw

2018/07/25 (Wed) 20:42 | やぢま | 編集 | 返信

モル作

ゆきなぎさん

低音域を弾いてるところを聴き直してみました。
なかなか渋く響いてますね。笑

せっかくだから、やっぱり本格バロックな曲も弾きたくなりましたが、インベンションもフランス組曲も忘れ去っちゃってて、それが心残りでした。
いま悔し紛れに13番を覚え直してます。笑
三善さんの曲もかなり合いそうですね。

2018/07/25 (Wed) 23:57 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

やぢまさん

ありがとうございます。
熟読しちゃいました( # ´Д`)
100万切るのもあるんですね。。
家にピアノとチェンバロがあったら最強ですね。笑
スピネットも良いなぁ、と思いました。
この翌日、通天閣でスピネットのようなものが展示してあったんですよ。

結構長時間、チェンバロ弾かせてもらいました。
本当はバッハとかヘンデルのレパートリーあれば良いんですけどね( # ´Д`)

2018/07/25 (Wed) 23:58 | モル作 | 編集 | 返信

けもネコ

おお!
なかなかいい音で鳴りますね~ 発音がまさに弦楽器です。
そして、持ち曲が多いですね(^^

ドラクエの曲もチェンバロが似合いそうなんですよねー
次回、お願いします(ぇ

2018/07/27 (Fri) 10:33 | けもネコ | 編集 | 返信

モル作

けもさん

ドラクエだと、お城系は特に合いそうですね。
あとは、ファミコン時代のやつなら全部2声で減衰もしてなさそうなので、はまりそうですな。
1年後には、1曲くらい覚えてるかな。。

確かに弦を弾くような音がしますね。
あと、ギターの「キュイーン」的な音がする時もありました。
主にミスタッチ気味の時に。笑

2018/07/27 (Fri) 19:48 | モル作 | 編集 | 返信

名無しのモル

モル作さん、こんにちは
かつです。

※古い記事にコメントで申し訳ありません。。。
大阪満喫していますねー!!
チェンバロ、オペラ&レトロゲーセン ザリガニ(笑

チェンバロの演奏動画も見ました!
モル作さんメドレーで楽しませていただきました!
選曲がいいのか、チェンバロという楽器がそうさせるのか…
ギロックもブルグミュラーもカバレフもバロック音楽に聴こえますね!

わたしもチェンバロ弾いてみたいなぁ
もし弾く機会があったら、嘉門達夫の『鼻から牛乳』を練習する

2018/07/28 (Sat) 04:23 | 名無しのモル | 編集 | 返信

モル作

かつさん

ども。過去の記事へのコメントが嫌だとかは全然ないので、気にしないでくださいな。

大阪はめっちゃ暑いけど、めっちゃ楽しいです。
あと、東京よりメシが断然美味い。笑
来年また行くと思います。

一応、チェンバロに合いそうな曲を選んで弾いてはみたものの、ロマン何ちゃら時代ど真ん中、みたいな曲じゃなければ大体、チェンバロで弾けばバロックっぽくなるんだな、と思いました。
特に古典は時代が近いからか、チェンバロ似合うなぁ、と思いました。

鼻から牛乳フーガってめっちゃ難しそうですよねあれ。笑
でも、好きな曲です。
バッハの曲弾きたかったんですよねー。
手持ちがなかったのをめっちゃ悔やんで、いまインベンションめっちゃ練習してます。笑

2018/07/28 (Sat) 11:31 | モル作 | 編集 | 返信

くだダヰナ

生チェンバロとか!裏山シーーー!!!!
しかも白黒逆とかじゃなくて、フルブラック鍵盤ですか!?

動画、どの曲もチェンバロで聴くと独特の渋みがあって素晴らしいですねぇ!自分はピアノよりむしろチェンバロの音好き派なんで、ずっと「あ゛あ゛あ゛~~~い゛い゛い゛い゛~~~~~」ってなってましたww

とりわけカバちゃんの曲がチェンバロによくはまってる気が!あと、Lもチェンバロいいですね~!自分もL弾くならオルガンかクワイヤの音でやってみようかと思ったりしてますが、チェンバロもかなりアリですね!あと、ベトさんもかなり合いますね!

それにしてもチェンバロにスタインウェイ・・・オーナーさんやばい!w

2018/07/29 (Sun) 00:53 | くだダヰナ | 編集 | 返信

モル作

くださん

鍵盤全部黒でした。
弾いてみて、ピアノも特に白黒分ける必要なくない?って思いました。笑

カバちゃんの曲、意外と合いますね。
ソナチネも弾いとけば良かったと後悔してます( ;´Д`)
Lはパイプオルガン音源もかなり良い響きでした。
あの曲、かなり汎用性高くて便利です。
ベートーベン曲は、かなりチェンバロ映えしますね。

オーナーさん一家、ほんと悠々自適って感じでめっちゃ羨ましかったです。
そして、あと20年も働きたくねー!とうんざりした気持ちになりました。
正確には、あと6613日です。

2018/07/29 (Sun) 17:09 | モル作 | 編集 | 返信

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/27 (Wed) 16:40 | | 編集 | 返信

モル作

鍵さん

ども、返信遅くなってすいません( ;´Д`)

チェンバロ、めっちゃ楽しい体験でした。
鍵盤が物凄く繊細ですね。
しかし、このチェンバロはもう売りに出されてしまい、次に行く時はもうないそうです( ;´Д`)
いずれ、チェンバロ買いたいくらい好きですよ。笑

面白い催しですね。
チェンバロ弾く人は、プロ筋が多そうですね。
しかも、何となくですが、ピアノの人に少し反感持ってそうなイメージがあります。笑
でも、せっかくの貴重な機会だし、参加されて良かったですね。
めっちゃ精力的に色んな催しに参加されてて、羨ましい。笑

スカルラッチさんの曲、面白いですよね。
バッハさんやヘンデルさんと比べて、曲線的だしリズムも面白いのが多いなぁ、と思います。
この辺りの時代の曲が好きだと、やっぱりチェンバロに興味が向かいますね。
ピアノはピアノで良い楽器だけど、多少の無理矢理感もあるし。

バラード4を暗譜で弾くって凄い事ですよ。
めっちゃ好きな曲ですが、私は永久に手を出せないだろうなぁ、と思います( ;´Д`)
ショパさんの音使いは、今の時代の人間が聴いてても唯一無二ですね。
弾いてみたい曲が大量にあります。

また、おピアノ会でご一緒しましょうね(=´∀`)
では!!

2019/03/09 (Sat) 16:00 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント