音楽語おノート 

2018, 10. 12 (Fri) 01:32

こういうのは、自分の思考回路でトレースできるようにしないと、いつまで経ってもぼんやりしたまんまだね。

なので、根こそぎ自分の言葉に変換してく事にした。


★変換方法★
・楽典用語の日本語訳で、音程に関わる用語は、度数以外は全部やっつけのクソ訳と認定する
・スケール上の音の並びは、度数で測る
・スケールの構成は、鍵盤の距離で測る
・和音の構成も、鍵盤の距離で測る
・鍵盤の距離は、スタート地点を0にする
・鳴らす音を()で括る

☆スケール★

★メジャー
起点はC

(0)(2)(2)(1)(2)(2)(2)(1)

★ナチュラルマイナー
メジャースケールの6度からスタート

(0)(2)(1)(2)(2)(1)(2)(2)

★ハーモニックマイナー
ナチュラルマイナーの7度を半音上げる
コードはこのスケールを基準にする

(0)(2)(1)(2)(2)(1)(2+1)(2-1)
=(0)(2)(1)(2)(2)(1)(3)(1)

★メロディックマイナー
上りはハーモニックマイナーの6度を半音上げる
下りはナチュラルマイナー

↑(0)(2)(1)(2)(2)(1+1)(3-1)(1)
=↑(0)(2)(1)(2)(2)(2)(2)(1)

↓(0)(2)(2)(1)(2)(2)(1)(2)


★コード☆

☆メジャー
メジャースケールの1、3、5度

(0)2(2)1(2)221
=(0)(4)(3)

☆aug
メジャースケールの1、3、5(+半音)度

(0)2(2)1(2+1)2-121
=(0)(4)(4)

☆-5
メジャースケールの1、3、5(-半音)度

(0)2(2)1(2-1)2+121
=(0)(4)(2)

☆sus4
メジャースケールの1、3(+半音)、5度

(0)2(2+1)1-1(2)221
=(0)(5)(2)

☆メジャー7th
メジャースケールの1、3、5、7度

(0)2(2)1(2)2(2)1
=(0)(4)(3)(4)

☆7th
メジャースケールの1、3、5、7(-半音)度

(0)2(2)1(2)2(2-1)1+1
=(0)(4)(3)(3)

☆マイナー
マイナースケールの1、3、5度

(0)2(1)2(2)131
=(0)(3)(4)

☆dim
マイナースケールの1、3、5(-半音)度

(0)2(1)2(2-1)1+131
=(0)(3)(3)

☆マイナー7th
マイナースケールの1、3、5、7(-半音)度

(0)2(1)2(2)1(3-1)1+1
=(0)(3)(4)(3)

☆マイナーメジャー7th
マイナースケールの1、3、5、7度

(0)2(1)2(2)1(3)1
=(0)(3)(4)(4)

☆dim7th
dimに7(-半音)度を加える

(0)2(1)2(2-1)1+1(3-1)1+1
=(0)(3)(3)(4)

☆6
メジャーまたはマイナースケールの1、3、5、6度

(0)2(2)1(2)(2)21
=(0)(4)(3)(2)

(0)2(1)2(2)(1)31
=(0)(3)(4)(1)

☆add9
メジャーまたはマイナースケールの1、3、5、9度

(0)2(2)1(2)221(2)
=(0)(4)(3)(7)

(0)2(1)2(2)131(2)
=(0)(3)(4)(7)

☆9
7thまたはマイナー7thに9度を加える

(0)2(2)1(2)2(2-1)1+1(2)
=(0)(4)(3)(3)(4)

(0)2(1)2(2)1(3-1)1+1(2)
=(0)(3)(4)(3)(4)

☆omitNum
Numに指定した度数の音を各コードから抜く


☆スケール上のコード★
ルートから2度ずつ加算してく

★メジャースケール
1度:(0)2(2)1(2)221=(0)(4)(3)=メジャー
2度:0(2)2(1)2(2)21=(0)(3)(4)=マイナー
3度:02(2)1(2)2(2)1=(0)(3)(4)=マイナー
4度:022(1)2(2)2(1)=(0)(4)(3)=メジャー
5度:0221(2)2(2)1(2)=(0)(4)(3)=メジャー
6度:02212(2)2(1)2(2)=(0)(3)(4)=マイナー
7度:022122(2)1(2)2(1)=(0)(3)(3)=dim

★マイナースケール
1度:(0)2(1)2(2)131=(0)(3)(4)=マイナー
2度:0(2)1(2)2(1)31=(0)(3)(3)=dim
3度:02(1)2(2)1(3)1=(0)(4)(4)=aug
4度:021(2)2(1)3(1)=(0)(3)(4)=マイナー
5度:0212(2)1(3)1(2)=(0)(4)(3)=メジャー
6度:02122(1)3(1)2(1)=(0)(4)(3)=メジャー
7度:021221(3)1(2)1(2)=(0)(3)(3)=dim

☆トニックコード
その調のスタート地点のコード
=1度

☆ドミナントコード
トニックの1番上の音をルートにする
=5度

☆サブドミナントコード
トニックの1番下の音を1番上に持ってく
=4度



スポンサーサイト

コメント

やぢま

先生、余計にわかりにくいです。(X_X;)

特に

>☆サブドミナントコード
>トニックの1番下の音を1番上に持ってく
>=4度

これがわからないです。(><;)
トニックの一番下の音を一番上に持って行ったら
トニックの第一展開形ではないの・・・?
ううう私が勘違いしてるのでしょうか(><;)

2018/10/12 (Fri) 19:06 | やぢま | 編集 | 返信

モル作

やぢまさん

はい。勘違いではなく、全くもってその通りだと思います。笑

サブドミナントコードの音の構成って1〜7のどれだっけ?って思った時にこの説明を思い出して、1〜7のどれかに当てはまるように、脳内五線譜の中でワープさせます。

いかがでしょうか。笑

2018/10/12 (Fri) 20:50 | モル作 | 編集 | 返信

くだダヰナ

すごい!!
ちゃんと0の概念入ってる!!
全全半全全全・・・を0, 1, 2で表現とか、omitNumのNumとかがなんかすごいプログラミングっぽい感じします!w

全部テキストだけで表すとはさすがモル作さん!!自分は図に変換しないと無理ぽです・・w

dim系が特に、基本は三和音だろ勢力と、いいや四和音だ勢力あって、混乱をきたしやすいですよねw これだけはもう日本語で、減五短七、減五減七って書きたくなるw


>サブドミナント
ハ長調だと、ファ・ラ・ドで、
イ短調だと、レ・ファ・ラ
あ!たしかにトニックのルートがサブドミナントのトップノートになる!ってことです?間違ってたらすいませんw

2018/10/13 (Sat) 02:17 | くだダヰナ | 編集 | 返信

モル作

くださん

0が無いと、いちいち混乱しますよね。
日本人は無理せず0起点で距離を測れば、強弱のつけ方も割と理に適うと思いました。

私の場合、全部数字とロジックに落とさないと体系にできないんですが、その過程で、くださんのあの五度圏の図をめっちゃ見ましたよ。笑
あと、DTMの人たちの試行錯誤がかなり参考になりました。

dim系は四和音で説明してるとこも多いですね。
とりあえず、言葉の通りに三和音で理解しとく事にしました。
こっちのがストレートに頭に入るな、と思って。

サブドミは、それで大丈夫だと思います。
超完璧な図解を追加しときました。

2018/10/13 (Sat) 22:43 | モル作 | 編集 | 返信

びこ

No title

ううむ。。なるほど全てを数値化するとこうなるんですね
なんかこうエクセル表で欲しくなってきました

私は形で覚えたい方なのであれなんですが
ピアノだと展開もでてくるからこういう理屈方面も覚えたほうがいいんですよね
マイナーと7thくらいしかあんまり普段意識しないんですがsus4とかも響きが綺麗なんで意識して使いたいところです

2018/10/15 (Mon) 09:37 | びこ | 編集 | 返信

モル作

びこさん

記事書く時、表にするか迷いました( ;´Д`)
度数も列の見出しに入れて表にしたら、覚えやすそうだな、と。

まぁでも、長/短調のスケールのところと、メジャー/マイナーコードさえ分かれば、他はまぁ大丈夫そうですね。
コード進行は、和声ルートで認識するようにするか、本当に各コードネームで認識するようにするか、どっちのが楽そうかでちょっと迷ってます。

2018/10/15 (Mon) 22:54 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント