レッスン4回目 

2014, 11. 06 (Thu) 01:29

★レッスン日
2014/10/17

★宿題だった曲
・ギロックさん:新しいローラースケート(やり直し)
・ギロックさん:女王様のメヌエット(やり直し)
・ギロックさん:東洋の市場

★任意で予習した曲
・カバレフスキーさん:ワルツのように

『ワルツのように』は、俺のレベルをかなり超過してるけど、好みな曲で、弾けるレベルに達するまで我慢できなかったので、無理矢理、暗譜した。
でも、この曲に時間を裂きすぎて、他の曲の練習はちょっとしかできなかった。

で、レッスン当日。
教室では、俺の前の児童が親同伴でレッスンしてて、終わったところで、その児童の婆さんが迎えに来た。
先生と婆さん、母親の取り留めのない会話が始まる。
児童の表情がかなり苛立ってた。

児童達が引き上げて、俺の番になった。
この時のレッスンの前週に、友達夫婦の別荘地に小旅行しに行ったので、お土産を渡した。
で、旅行に行ってたから『東洋の市場』は練習できなかった、と言い訳して、了承をもらった。
実際は背伸びして『ワルツのように』ばっかり練習してたからなんだけど。

レッスン開始。

・ギロックさん:新しいローラースケート(やり直し)
一夜漬けだったけど、何とかなった。

・ギロックさん:女王様のメヌエット(やり直し)
これも一夜漬け。
前よりはマシになった。

・カバレフスキーさん:ワルツのように
譜読みは間違ってなかったけど、単に弾いたってだけで、強弱とか緩急を気にする余裕がなかったので、その辺の指導を受ける。
この曲は、初めてダンパーペダルを使うんだけど、無視で練習したので、次回までにペダルも含めて練習して、表現の完成度も高めてやり直そう、って事になった。

★OKもらった曲
・ギロックさん:新しいローラースケート
・ギロックさん:女王様のメヌエット

★次までの宿題
・ギロックさん:東洋の市場(今回サボり)
・カバレフスキーさん:ワルツのように(やり直し)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント