PC

人類のしぼりかす

主に、モルモットとピアノとFXと水煙草とうんこの事を真剣に書いてます

音楽室を作りましょう(=´∀`)

引越ししたので、念願の音楽室を作った。


当初予定してたのは5畳のお部屋だったんだけど、ドアが世知辛い狭小物件すぎて入らなかった( ;´Д`)
なので、急遽、ベランダ側の7.5畳のお部屋を音楽室にする事にして、クレーンで突っ込んでもろた。

まぁ、音のでかさを考えると結果オーライか。
ピヤノもバイヨりんもビヨラも、多少広い部屋の方が反響も良いだろう。


新しい部屋でおピヤノを弾いてみると、あら綺麗( # ´Д`)
倍音がちゃんと空気中で震えてて、金属の残響もちょうど良い。
前の部屋の時と全然違うな。

音量も増えた。
去年、ナイトーンっていうアナログ弱音装置みたいなのを付けた。
でも、マンソンでナイトーンを発動させると、音が極端に小さくなりすぎて、さすがに物足りなくなった。
蓋を開けても大して変わらんし( ;´Д`)

なんだけど、新しい部屋だとナイトーン使っても、結構良く響いてくれるようになった。

部屋の構造が違うからかな。
前の部屋は鉄筋、新しい部屋は木造。
木造のフローリングってのは、ピアノに合ってるんだな、と思った。


とはいえ、木造はやっぱり音がそこそこ外に漏れる。
隣の家との距離を考えると、ピヤノはもちろん、バイヨりんとビヨラさえも、防音面でちょっと心許ない。
プロのガチ音量というか音の幅は本当に凄いんだ。

んじゃ、防音工事しときますかね。


で、まず防音室を検討してみたんだけど、ちょっと待てよ…今の音響や音質のバランスをキープしながら音漏れだけ無くす、ってのはかなりハードル高いんじゃないか。。
四六時中スタジオみたいに跳ね返りまくるのは、嫌だぞ( ;´Д`)
防音仕様の壁に吸音材貼っ付けると、高音の減衰がおかしくなりそうだし。

壁を防音しつつ中の音のバランスをキープする、ってのは、めっちゃ金掛かりそうだ。。

なので、代替手段を複数被せて何とかする事にした。


まずは、おピアノ本体。

とりあえず、ピアノと壁の間に防音パネルをねじ込んた。


これ、意外と効果ある上に、倍音はあんまり潰れないで済むんだよね。
前に静音デラックスってのを持ってたんだけど、ナイトーンを付けた時にメルカリで売っ払っちゃった( ;´Д`)
なので、今度は島村楽器のナンバーチューンってやつを買った。

本当はピアノ自体も壁と窓からから離した方が良いんだよね。
うっかし( # ´Д`)

この時点で、この部屋と隣接してる家以外は全然大丈夫になった。
そこ以外の家は、ピアノ弾いてる事自体、気づかない模様。


次に、窓。

ペアガラスは、防音には全然効果ないと判明したので、専用の内窓を業者に付けてもらった。



こいつは、めっちゃ凄い効果( # ´Д`)


この時点でもう大丈夫そうだったけど、とどめに、換気用の穴。

24時間換気がどうのこうのとかで、壁に通気口があるんだよね。
この穴から内外の音がそこそこ出入りしてる。
でも、完全に塞いじゃうと、空調が破綻して、ビヨラもピヤノも劣化しちゃう。

なので、↓を通販で買って、換気用の穴に突っ込んだ。

サイレンサー


防音スリーブ



★やり方

通気口の蓋を取る


こいつのネジを外す


穴に挿入する( # ´Д`)




追加で無理やり挿入する( ;´Д`)


こいつを元に戻す


ネジを締めて、開閉確認する


蓋をして、おしまい



これで、バイヨりんとビヨラは何時に弾いてもおっけー。

ピアノも夜までは弾きたい放題、夜以降はナイトーンONにして上蓋を開ければ、音色も音量も問題なし。
真夜中も全開で弾きたい場合は、さすがに防音室になっちゃうけど、そこまではいらないかな。


総費用は、たぶん防音室の1/4くらい。
音量と音質をキープしつつ、音漏れも防げた。


- 完 -
Prev Next