もう1曲追加

2019年12月23日22:31  ☆糞ピアニストの旅

東京と埼玉の間に引っ越したら、都心より3℃くらい寒いと判明した( ;´Д`)

しかも、こないだ外の監視カメラが発動して、何だと思ったら、タヌキが映ってた。笑
タヌキが出る何日か前には、謎の爺さんが庭に入って休憩してたよ。笑

ちょっと前には、俺のケツにカマキリが止まってて、危うく潰しそうになった。
カマキリ見たのなんて、関根勤のカマキリ拳法以来だよ。

まぁ、クマとかスズメバチとか、そういう凶暴なのじゃなければ、野生の生き物を見る機会が増えたのは、悪い事ではないか。
爺さんは養殖物だろうけど。


…あれ?おれ何書こうとしてたんだっけ?( ;´Д`)
ピヤノの話だった。


土日が寒すぎてお外に出たくないので、おピアノ弾いてる時間が増えた。


・ギロックさん:ウィーンの想い出

そこそこ手に馴染んできた。
これは、いずれレパートリーになるな。


・グリーグさん:音の詩1番

これもだいぶ慣れたけど、弾き方が一本調子過ぎるのと、ペダル抜いた方が良さげなとこが思ったよりも多いので、仕上げ方を工夫せねば( ;´Д`)


・ブルさん:ジプシー

良い感じになりつつあるけど、スタッカート意識しすぎて、余計なとこでブツ切れが起きるようになってきた( ;´Д`)


・ベトさん:6バガテル1番

これは、そろそろ大丈夫だな。
3月の発表会で弾く候補にしよう。


・ラベルさん:ハイドンメヌエット

ラストの装飾音のとこは、どうにもならなさそう。
もう暫く弾くつもりだけど、人前には出せないなこりゃ( ;´Д`)


・バッハ大王:Herr Christ, der ein'ge Gottessohn (BWV601)
→挫折→);´Д`)

大王、むりです。


…と思ったけど、ピアノじゃなくてオルガンの演奏を聴いてみたら、多声の鳴らし方というか、想定される演奏効果が何となく分かって、少し目処が立った。
ピアノの倍音と減衰は、独自の演奏効果はあるけど、曲を分解して調べようと思うと、ちょっと厄介だね。
相当耳に自信がない限り、他の楽器の演奏も聴いた方が、曲の素の姿が分かるかもね。
古典とかその後の時代の曲は知らんけど。


・ヘンデルさん:Ombra mai fù (HWV40?)

他の人のブログ記事を読んだりバロックっぽい演奏聴いてたりしたら、ヘンデルさんの曲を仕込んでみたくなった。
あと、バッハ大王と髪型が似てるので、やってみる事にした。

この曲はオペラの中の曲で、結構有名なので、聴いた事ある人も多いと思う。
ヘンデルさんの曲って、大王の曲よりも主旋律とコードが前面に出てるのが多いように聴こえる。
バロック時代の後半って、こんな感じなのかな。
でもって、少し直情的?
良く言えば、素人や現代人に優しいって事かな。

この曲を仕込むのは、ルクーペさんのLから暫く離れる目的もある。
俺はお外でピアノ弾く時、ちょっと弱気になるとすぐにLに依存して時間を稼ぐ癖がある。
逃げ道があるのは悪い事ばっかりとは限らないけど、そろそろ逃げ道のハードルを少し上げてみようかと。


- 完 -
前の記事 次の記事