国内のモル事情 

2012, 10. 24 (Wed) 00:54


恐怖の余り、逃走するモル作さん


日本は、モルにとってあんまり良い場所じゃないみたい。
小動物の中でもあんまりメジャーじゃなくて、飼育ノウハウもあんまり蓄積されてないので、タコ部屋で適当に飼われてたり、通販で売られてたりもする。

モルに詳しい獣医も多くないのが現状。

モルは基本、無抵抗で、児童が遊ぶのに適度な大きさ、衛生的にも問題がないとされてるせいか、動物園では、子供用の動物触れ合いコーナーで玩具的に扱われてる。
動物触れ合いコーナーにいるモル達は、過酷な環境で虐待に近い扱いを日常的に受けている為、平均寿命がとても短い。
更に、個体数の管理上、オスだけかメスだけで統一して繁殖を防ぐ為に、大量に殺処分されてる。
動物園で動物を殺処分する時は保健所に申請するんだけど、動物園からの殺処分の申請数No.1はぶっちぎりでモル。

あと、最近は「生命の尊さを感じ取り、生命あるものを大切にする」という文部省の指導で、小学校でも飼われてたりするけど、教員は別に動物飼育の専門知識を持っているわけじゃないし、管理を児童に丸投げにされて、弄り倒されたり、屋外で真夏の直射日光や真冬の寒気に晒されたりして、命を落とすモルが大半だそうな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント