ワルツ19番のペダルと左手の打鍵 

2015, 02. 01 (Sun) 00:29

この類のワルツ曲は、3拍子の頭で踏んで、3拍子目で離す、みたいに、3拍子のリズムを取るように踏むのが、基本らしい。
確かに、10番とか、そういうふうに指定されてる。

でも、19番の楽譜には、ペダルの指示は書かれてない。
で、レッスン受けたら、楽譜にペダルの指示を書いてくれた。

この曲は、最初の1拍目だけペダルを効かせて、2拍目のタイミングで離すのが良さそう、との事。
細かくは、2拍目と同時に離すんじゃなくて、打鍵よりやや遅らせて離すのが良いんじゃないか、と。

左手の打鍵は、1拍目は気持ち強めに、2と3拍目は軽く、スタッカート気味のが良いかも、と。

この曲、最初に持ち込んだ時、先生は存在を知らなかった。
多分、遺作の中でも発見が遅かったらしいから、日本語版の古い楽譜に追加されるまで時間が掛かったのかも。
つまり、初見で曲想を理解して指示を書き込んで、更に模範演奏までしてくれた。
更に、前にゆにくあさんにコメント返して思い出したんだけど、模範演奏の時に、iPhoneに曲が入ってたら再生してくれって言われて、Regina Smendziankaさんの演奏を再生したんだ。
そしたら、速いわねこれ、とか言いながら、概ね同じ速さで弾いてた。
楽譜を目で追いかけながら。
しかも、演奏自体も綺麗なんだよね。
さすがに、たまげた。
プロの講師の演奏力は、俺には判断不能だけど、底知れないというか、凄いわ~、と思った。

少し話変わるけど、今は↓こんなのもあるのね。凄い世の中だ。
https://m.youtube.com/watch?v=LRe8d9wnX3w

猫ふんじゃったは、楽譜だと結構複雑なので、確かこんな感じのチュートリアルで覚えた。

おまけ。↓こんなのもあった。格好いい。
https://m.youtube.com/watch?v=j1Kl_ROm-DY
スポンサーサイト

コメント

ゆにくあ

先生の初見力は反則級。

ちょっとご無沙汰でした~

ここのところ、転んで怪我したり(この歳で・・・)
忙しかったです。

チュートリアルの人は、リクエストすると動画作って
くれるみたいですね。いっぱいあります。私はこれ
見てると、途中でイライラしてきちゃって笑 最後まで
絶対に聴けないんだけど。

あとアングルのせいで、どの鍵盤押してるのかわから
ないことが、ままあります。

あ、それとギターの聴きましたよ。ちょっとこれー 
見つめるふたりが気になりすぎて音楽半分しか
耳に入ってきません(笑

ペダルについては私も全然自信ないんですが、
19番については最初のあたりはいいんですけど、
例のアルペジオに入る前までのかたまり部分。
細かくペダル入れるように先生に言われて
最初、結構大変だった記憶ありです。

ペダル、基本は耳で聴いて自分でつけなさいと
いつも言われます。が、出来ませ~~ん 


2015/02/02 (Mon) 13:15 | ゆにくあ | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん①

あらま、怪我したんですか。
スライディング土下座の練習は結構危険なので、くれぐれも注意して下さいね。

あのギターの2人組、結構色んな曲をやってますね。
ちらっ、ちらっ、ぽろろん、だったのが、段々と眼差しが過熱してきて、結構危ういですねw
19番であの調子だと、10番なんか弾いたら、曲の最後まで持たなさそうw

19番のチュートリアルは、所々にある装飾音符周りのタイミングの取り方が参考になりました。
中々しっくり来なかったんです。
運指自体は、あれで学ぶって感じじゃないですね。
楽譜を読むのが嫌な人用かも。

2015/02/02 (Mon) 17:38 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん②

やっと19番が手に馴染んできて、スピードもちょっと上がったので、ペダル付きの練習に入りました。
あのアルペジオの前のとこは、ペダル入れるとちょっと混乱しちゃいます。
踏みっぱなしにしちゃったり、踏む場所が1音ずれちゃったり。

素人の人でも演奏動画を聴いてると、結構踏み方にバリエーションがありますね。
確かに好みや感性が出るとこだとは思うので、自分で聴きながら付けてくようにするのが良いんだろうな。
まぁそもそも運指の練習でそれどころじゃなかったりするから、自分の場合はペダルの工夫は、ある程度仕上がった時期になるかな。

2015/02/02 (Mon) 17:40 | モル作 | 編集 | 返信

ゆにくあ

No title

>スライディング土下座の練習は結構危険なので、くれぐれも注意して下さいね。

ぎゃはは! ばれたか☆

ギターの二人…モル作さんが「曲の最後までもたなそう」なんてドキドキなこと言うから、思わずもう一回確認しゃったじゃないですか。笑

チュートリアルの、立てを合わせ方の確認にはいいかも。ただお目当ての場所に来るまで、じっと待つ事ができたらですがw

確かにペダルは、最低限形になってからみなさんつけるのが一般的なんでしょーかね? なんかでも、あれなんですよ。下書きまですごくうまく行ったのに、水彩絵の具のせた途端にメチャクチャになる…あの感覚に似ている気がしてならないんですよ。また最初から組み立て直し、みたいな。私だけでしょうね、きっと。

2015/02/03 (Tue) 12:28 | ゆにくあ | 編集 | 返信

ゆにくあ

No title

あ、すいません。漢字間違えちゃった。
縦です、立てじゃなくてw

2015/02/03 (Tue) 12:31 | ゆにくあ | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん

ペダル入れて練習するのって、一般的にはどの辺のタイミングなんだろ、って思いますよね。
先生は、仕上げの時期で良いよ、って言ってました。
想像だと、運指を覚える段階ではペダル入れない人が多くて、でも上級者になるにつれて、ペダル入れるタイミングが早くなってくのかな、って気がします。
実際問題、足まで動かすなんて慣れてないから、運指が小慣れてくるまでは、それこそチュートリアル並の耐え難いスピードにw

ペダル付きの練習に入ると、一拍目の低音がよく響いて、一気に立体感が出て、その曲に対するフレッシュ感が戻りますね。
それまでのスピードでやると、確かにぐちゃぐちゃに滲んじゃうから、一旦またスピードが落として、よく音を聴きながら、タイミングを調節しなきゃですが。
なので、振り出しに戻った感がありますね。
また下手くそに戻っちゃったじゃねーか( ;´Д`)みたいなw

でもそういえば、ソパンさんが、ペダルは永遠のテーマにしろ的な事を言ってたらしいので、ちょっとずつ足しながら、好きな響きに仕上げる感じになるのかな。
塩を入れすぎないように、みたいに解釈しました。
覚えた曲を長期間、味付けだかフィルターだかを変えながら楽しむ為にペダルがあるんだ、って感覚でやるのが幸せかも、って今書きながら思いました。

10番もそろそろ全部暗譜できそうなので、自分は今後暫く、ペダルの事ばっかり考える事になりそうですw

人が作った曲なのに、練習する側も作る感覚を持てるってのは、なかなか楽しいですね。
もっと早くピアノ始めてれば良かったw

雑多な文になっちゃって失礼しました。

2015/02/03 (Tue) 19:45 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント